Test Terres Rouges Lodge, Labansiek, Ratanakiri, Cambodia

あなたの好みで旅の日程を作ってください。

滝を見に行く旅

ゴム園を通ってすぐ滝に到着します。帰り道の途中で、森に囲まれたYalaom湖でひと泳ぎをするために立ち寄ります。(午後の初めに過ごすのにぴったりです)

カチャトーテム

北西に進み、Sé San川の左岸に位置するVoeune Saï (35km)村に到着する前に竹林を通り抜けます。川の反対側にある中国人の村の景色はとても綺麗です。
また、この場所はカンボジアの領地ですが、ほとんどが中国の飛び地で、代々この地に住んでいるほとんどの村人はクメール語を話すこともできません。
Sé San川の上流では、お墓にトーテムを飾り祀っている Tampouns族や Katchas族の村がいつくもあります。私たちはボートを借りて、素晴らしいトーテムが見られるピーク島を訪れます。

クルン族の領地

ラオスとTavengの村に向け、これまでにないくらい北上します。
まずは、Veyrum Plângの広々と広がった興味深い火山岩の広場を渡ります。Nous traversons d’abord la curieuse étendue de roches volcaniques de Veyrum Plâng : 森の中に綺麗に広がり、溶岩のブロックでできていて、この近くには、虎の洞窟に囲まれた、雨季のシーズンだけ、小さな滝が見られます。
そのあとは、道の両端にある、Kroeungsのとても綺麗な村々を訪れます。
道の3分の2を過ぎて右に曲がったところに、Kroeungsの大きな村(季節によります)に着きます。とても高いところに建てられている家があり、特に印象的なのは、独身の男性が結婚をし、家長になるとそれを壊し、次の新しい季節にまた若い独身男性が新しい家を建て直します。

ジャライ族の領地

これについては長い1日になります。なぜなら、ベトナムの国境付近まで、きれいな道路で、東に向けて遠くまで出かけるからです。私たちは、ゴム農園、カシューを通過した後、リフレッシュをするために、 Bokéoの村を訪れます。ご希望で、 Bokéoのジルコン鉱山を訪れるか、そのままAndong Meas (金が採れるところ)に向かって、 ボートに乗ってとてもきれいな景色を見ながら、Sé San川を約90分ほど北上し、ジャライ族の領地を訪れ、慰霊碑の彫像を見学します。魅力的な自然の中で約1時間30分ほどボートで進むと、大きな放棄されたジャライ族の村に到着します。そこには、とてもきれいに細工された墓地があります。木製の彫像は死者と共に最後の旅のお供をします。

トーテムカチャと砂漠の島1泊(ご家族連れに最適です)

竹林を北西に進み、Se San川の左岸にあるVoeun Sai村に向かいます。 川の対岸に見える中国の村の景色はとても綺麗です。
また、この場所はカンボジアの領地ですが、ほとんどが中国の飛び地で、代々この地に住んでいるほとんどの村人はクメール語を話すこともできません。
Sé San川の上流では、お墓にトーテムを飾り祀っている Tampouns族や Katchas族の村がいつくもあります。私たちはボートを借りて、素晴らしいトーテムが見られるピーク島を訪れます。ボート乗り場までは車で向かい、ボートで川を渡り、墓地を訪問します。上流に進み、お望みがあれば、他の同様な墓地のある村によることもできます。その後、Se Sanの真ん中にある大きな島に到着します。島では、キャンプをご用意いたします。:ビーチにマットを敷き、キャンプファイヤー。。。夜にキャンプを始めます。翌朝、朝食を食べてから、テールルージュニ戻ります。

3つの地区のジルコン鉱山

1961年にフランスによって植えられた、Tampoun林の残っている広大なゴムの木の森を通ります。カンボジアの移民はそこを畑にするため、6年間の間燃やし続けました。 そして、3つの地区に到着します。そこは、カンボジアの森の中で彷徨う3000人の貧困の人たちが住むの土地です。
このジルコン鉱山は深さ12メートル、直径60 cmの大きさの井戸を数百と掘削し、巨大なチーズに場所を変えてきました。
ここで働く鉱山労働者は、何の防御もなく、ロウソクの明かりだけで降りていきます。そのため、事故は珍しくはありません。 現在では、より多く収穫のあるBoko地区へほとんどの鉱山労働者は働く場所を移動しましたが、すでん戻ってきている人達もいます。
鉱山から数キロ離れたところに、いくつもの岩が張り出ているため、7つのステップの川と呼ばれる、泳ぐことができる滝があります。